Just another WordPress site

性欲もホルモンの影響がある

性欲もホルモンの影響がある

ホルモンの分泌と性欲には関係があると言われておりますがどの様な関連性があるのか調べてみましょうそもそも男性と女性では分泌されるホルモンが異なり男性ホルモンとしてはテストステロンと言うホルモンが男性の性機能に影響しているとされております一方女性ホルモンとの場合にはエストロゲンと言われるホルモンとブロゲステロンと言われるホルモンの2種類が分泌されますがこの2種類のいずれもが女性の生理周期に関連しております男性ホルモンの分泌量の低下は一般的に30歳を過ぎた頃からその低下が始まるとされておりその分泌量の低下は精子の生産量又は性欲の低下を招くとされておりますその男性は30歳を過ぎてくると男性の更年期障害が始まるとされておりストレスの影響も受けながら性欲の減退や勃起不全いわゆるEDや朝立ちモーニングエレクション無くなってきたりします一方女性の場合には2種類の女性ホルモンが女性の生理に大きく関係しており特にエストロゲンは10代の後半から分泌が盛んになり20代から30代の間に分泌量が高い状態で推移しますこれは女性の身体が妊娠しやすい状態を作り出しているためで40代になると分泌量が低下してきますこのことから女性の場合は20代から30代が最も性的な意欲が高い事になります女性の場合には生理前は性欲が強くなると言われておりますが医学的な根拠は証明されていなく生理中の性交を避ける観点で生理前に性欲が強まるとの見方ができますこの様に男性も女性も30代から40代以降はホルモンの分泌量の低下に伴い性的な意欲が低下してくることが判っておりますが性欲が低下してしまうことは自然の摂理ではある物のホルモン分泌量の低下は性欲以外にも身体にとっては様々な症状を引き起してしまいますので日常の食生活や生活習慣の改善等に取り組む事が必要になります但し食事の改善には様々な条件があるためかなりハードルが高いためお勧めなのがサプリメントの活用になります男性ホルモンの補充に効果的な成分としては亜鉛アスパラギンビタミンE等の成分を配合されたサプリメントが有効でホルモン分泌量の減少を補い精力減退を回復させてくれます一方女性の場合にはプラセンタブラックコホシュレッドクローバー大豆イソフラボンやマカ等の成分が配合されたサプリメントがお勧めで女性の場合には精力増強と言うよりは健康的な美しい身体を維持することを目的としたサプリメントが多く見られます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ