Just another WordPress site

歯周病もホルモンの影響がある

歯周病もホルモンの影響がある

大人になって年齢を重ねていくと歯に関する問題が増えます特に歯周病歯槽膿漏など悩んでる方も多いのでは?歯周病は本当に恐ろしい病気です大人が歯を失う主な原因です歯周病菌の感染が歯を支えているあごの骨にひろがると骨と歯のちからが弱まり歯がぐらぐらになりますそのあとは歯は自然に抜けるかあるいは抜歯が必要になりますこんなおそろしい歯の病気嫌ですよね歯茎の健康を保つためには免疫の力をあげることが有効です例えば歯茎は健康なのに免疫力が下がることで細菌に負けるので歯周病が進行するこんな事例は多くありますそこで歯周病の問題を解決するのがプラセンタですこの免疫を高める効果がありますし減少する細胞の減少をくいとめる役割がありますでもプラセンタって何でしょう?調べてみましょうプラセンタとはずばり胎盤です動物の胎盤から得られる物質ですこのプラセンタにはホルモンバランスを整える働きがあり精神的な病気例えばうつ病や統合失調症にも有効な作用期待できますまた本人の気持ちが安定することで免疫を高める効果もあります最も有効に使うにはどうすればよいかまずは歯肉にプラセンタを注射してくれることです直接注射をすることでダイレクトに有効成分を届けることができますこれは効果がありそうですね歯科医師の中には日本胎盤臨床研究会で歯科へのプラセンタの活用を研究している方もいるのでそういった医師をさがしてみるのもひとつの手段です素人考えでプラセンタは歯肉注射のほうがましかな?思ったのですが一般的な注射でもプラセンタサプリの効果は期待できるそうです歯医者に通って歯石をとってもブラッシング指導されて自宅でもブラッシングを頑張っても歯の状態がよくならない改善しないという方は歯科用のプラセンタを試す価値があり!ですプラセンタ注射と歯周病予防のサプリの併用も相談可能ですしかしここで注意があります歯周病のプラセンタ注射は献血ができなくなるというリスクもあります加えて健康なのに注射することに抵抗がある方は歯周病予防サプリだけでも大丈夫だと思いますプラセンタを飲みづつけたら10年後20年後の自分の歯に自信が持てること間違いなしです本当におすすめですただしいくつかのリスクもあるので現在の自分の健康状態を考慮しながら前向きに検討してみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ