Just another WordPress site

ストレスもホルモンの影響がある

ストレスもホルモンの影響がある

育児によるストレスとホルモンバランス最近核家族化が増えて育児を女性一人で背負っているケースが少なくありませんご主人が仕事で忙しく両親は遠くに住んでいるなどで育児ストレスを抱えている女性はとても多いです特に小さいうちは赤ちゃんが夜に起きたりするとぐっすり眠った感がなく不眠になりそうなると日中何もやる気が出ないということにもなりますこれはホルモンバランスの乱れにもつながり自律神経も乱れていくことになります特に完璧主義の人は要注意ですこうしなければ私がしなければという責任感から少しづつストレスは溜まっていっているのですもし自分がこのようになっていると思ったらその時がチャンスです生活スタイルの見直しを少しづつしてみると見え方が変わってきますし心に余裕が生まれてきます育児は外で働く仕事と違って評価されることがありませんましてや終わりがなく何十年も続く持久走のようなものですそれにはとても体力がいりますし精神的にもこたえますストレスが溜まるのも仕方のないことですが少し自分で自分を褒めてみてくださいどんな些細なことでも構いません今日はこれができたから自分すごいやっぱり自分はできるなど心でガッツポーズするだけで自然と勇気が出てきますし自信になりますこの方法はストレスを軽減できますしとても効果があるのでやってみる価値はあります育児は息抜きくらいが丁度良い育児や家事を少し手を抜いてみてください今日は私も一緒にお昼寝しようとか今日のご飯は簡単に買ってきたものとかいうように少し肩の力を抜いてこうしなければいけないという概念から離れてみるととても気持ちがいいですすると体も休まり行動範囲や思考能力も豊かになってあれもしてみようこうしてみようという工夫が生まれますこうすることでホルモンバランスが次第に整われていき育児も楽しくなってくるのです自分の時間を大切に育児をしていると自分の時間は二の次になってしまいます無理はないのですがそうすると次第にストレスが溜まっていき体に不調が出てきます不眠でお肌もボロボロ風邪もひきやすいなんだか体がぼーっとするなどこういった不調が現れてきますそんな大事なのが自分の時間を作ることですお子さんを旦那さんに預けたり市や区の子供支援サービスなどに頼ってたとえ1時間でも自分一人の時間を作ってストレスを発散させることが大事です美容院に行ってみたりショッピングをしてみたりジムに行ってみたりするのはとても良いですそうすることで脳が生き生きと活性化されホルモンバランスが整ってきます脳にとっても体にとってもリフレッシュされ良いデトックスとなるのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ