Just another WordPress site

体力もホルモンに影響がある

体力もホルモンに影響がある

なんだかやる気が出ないいつもだるい気がする体力が落ちたのかなこうした悩みを抱えている方は多いかと思います多くの場合運動不足も一因として考えられますが運動を日々の日課に取り入れるのは簡単ではないですよね実は体力に関する悩みは筋肉量を増やさずともホルモンバランスを整えることで改善されると言いますこれから体力とホルモンはどう繋がっているのか見ていきたいと思います
1.やる気には男性ホルモンが繋がっていた男性ホルモンであるテストステロンご存知でしょうかこのテストステロンにはがっしりした骨格をつくるといった男らしく逞しい体をつくる作用がありますほかの作用として外見的なもの以外にもドーパミンの生成そしてミトコンドリアの機能を正常に保つという作用がありますドーパミンというのは神経伝達物質で脳をやる気モードにするスイッチを入れる役割がありますミトコンドリアはどの細胞にも設置されている器官でこれが私たちの体を動かすエネルギーをつくっていますつまりテストステロンが不足していると脳の元気がなくなったり体全体がエネルギー不足に陥ったりすることもあるのです
2.だるさは女性ホルモンのせい女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)」プロゲステロン(黄体ホルモン)」あります心にプラスの方向ではたらきかけてくれるのはエストロゲンですエストロゲンは女性の心身をキラキラしてくれる美のホルモンとして知られていますこのエストロゲンには自律神経を整える作用があります自律神経は内臓に出す命令を興奮状態かリラックス状態かで自動的に切り替えるように出来ていますつまり自律神経のバランスがとれているというのは心が安定していることになるのです逆にプロゲステロンには自律神経のはたらきを崩しやすくするはたらきがあります生理前の2週間ほどは女性の体はプロゲステロンを多く分泌しこれがPMSの引き金となりますよってだるさの原因はエストロゲン不足か時期によってはプロゲステロンの効果によるものと考えられるわけです
3.ホルモンバランスを整えて心を元気にしよう以上のようにやる気が出なかったりだるさが辛かったりする背景にはテストステロンやエストロゲンプロゲステロンのバランスが崩れていることが考えられますまた自律神経や脳にはたらきかけるホルモンは上記の性ホルモン以外にも知られています結果的にはたくさんのホルモンのはたらきのバランスがとれて心の健康が保たれるのです不足しがちなホルモンをピンポイントで十分な量になるまで増やすというのはホルモンバランスを整えることに繋がります増やしたいホルモンを増やす手段として、douのAS10サプリを飲む習慣をつけることがおすすめです食事での栄養のコントロールには限界があるためサプリによって選択的に効率よく栄養素を摂る事は理にかなっていると言えるでしょうサプリを上手に活かして活力に満ちた日々を送りたいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ